天童市立寺津小学校の学校案内

天童市立寺津小学校の概要

山形県天童市にある公立小学校、寺津小学校。
『あかるく、かしこく、たくましく』を教育目標に、
小規模校の強みをいかした魅力ある学校づくりを目指しています。
当学校の歴史、概要、教育目標などを詳しくご紹介します。

学校案内を詳しく見る
天童市立寺津小学校の校歌 校歌の内容
天童市立寺津小学校の校章由来

昔からこの辺りの池、水田、湿地などに生えている「おもだか」の葉と花を組み合わせたものである。
三枚の葉は、元寺津・舟町・新田、すなわち寺津地区の全部を表している。
上の右と左に出ているふさの形をした花は、寺津小の子どもの仲のよい、きれいな形を示し、下にある花の茎は、小学校の「小」を形どったものである。

天童市立寺津小学校の校庭イメージ
寺津という地名の由来

南北朝時代1356年、足利氏の子孫、斯波兼頼が出羽按察使に任せられて山形に入り、城を築き、神社や寺を建て、山形市の基礎を築いた。斯波氏は土地の名をとって最上氏と称するようになった。斯波氏はその地理を調べようとして家臣を派遣し視察させたが、民が武士を恐れて近寄らず調査が思い通りに進まなかったので「不入掌(手に入らず)の郷」と呼ばれ、その訛に当て字を使ったものが地名の起こりだと言われている。
また、一説には、村名を寺津と書くようになったのは約600年程昔のことで、領主は山形城の斯波兼頼の家臣、藤原秀敏で近江国の生まれであった。秀敏は城を築き、神社や寺を建て、村を整え、交通を便利にした寺津中興の主だと申すべき人であったという。この期の村の大改新にあたり、村名も新しくしたいということになった。寺の字義に「もと政事を司る役所」とあり、後に「仏寺」になったことから「津」はさんずいへんに聿(ふで)であり、文章を司る潤いのある港(あるは岸)という字義がある。
これらを総合して考えると、寺津という文字には「宗教をもって民心を統一し、文化的役所を設ける豊かな港」という意味もあると言われる。

天童市立寺津小学校へのアクセスマップ

天童市立寺津小学校のグーグルマップへ

お車でお越しの方

天童駅から西に7km 約15分
〒994-0073 天童市大字寺津1350番地

ホーム

学校案内

山形県天童市にある公立小学校、寺津小学校
。『あかるく、かしこく、たくましく』を教
育目標に、小規模校の強みをいかした魅力あ
る学校づくりを目指しています。
当学校の歴史、概要、教育目標などを詳しく
ご紹介します。

昔からこの辺りの池、水田、湿地などに生えている「おもだか」の葉と花を組み合わせたものである。三枚の葉は、元寺津・舟町・新田、すなわち寺津地区の全部を表している。上の右と左に出ているふさの形をした花は、寺津小の子どもの仲のよい、きれいな形を示し、下にある花の茎は、小学校の「小」を形どったものである。

南北朝時代1356年、足利氏の子孫、斯波兼頼が出羽按察使に任せられて山形に入り、城を築き、神社や寺を建て、山形市の基礎を築いた。斯波氏は土地の名をとって最上氏と称するようになった。斯波氏はその地理を調べようとして家臣を派遣し視察させたが、民が武士を恐れて近寄らず調査が思い通りに進まなかったので「不入掌(手に入らず)の郷」と呼ばれ、その訛に当て字を使ったものが地名の起こりだと言われている。また、一説には、村名を寺津と書くようになったのは約600年程昔のことで、領主は山形城の斯波兼頼の家臣、藤原秀敏で近江国の生まれであった。秀敏は城を築き、神社や寺を建て、村を整え、交通を便利にした寺津中興の主だと申すべき人であったという。この期の村の大改新にあたり、村名も新しくしたいということになった。寺の字義に「もと政事を司る役所」とあり、後に「仏寺」になったことから「津」はさんずいへんに聿(ふで)であり、文章を司る潤いのある港(あるは岸)という字義がある。これらを総合して考えると、寺津という文字には「宗教をもって民心を統一し、文化的役所を設ける豊かな港」という意味もあると言われる。

googleマップ

お車でお越しの方

天童駅から西に7km 約15分
〒994-0073 天童市大字寺津1350番地